(社)中部盲導犬協会 昭和45年に名古屋で発足した「盲導犬総合訓練センタ?」を運営するために設立された財団法人で、盲導犬の使用を希望する視覚障害者に、盲導犬との歩行、盲導犬の扱い方などを教え、盲導犬の普及を図ることを目的としています。国や地方自治体の補助金と、多くの市民の皆さまの寄付や協力によって運営されており、また、特定公益増進法人としても指定されています。

(財)栃木盲導犬センター 栃木県にも盲導犬作出施設を、という視覚障害者の願いにより、昭和48年、盲導犬センター設立準備室が結成されました。そして翌昭和49年11月、市民の有志の協力を得て、財団法人栃木盲導犬センターが設立許可されました。その後も栃木県内はもとより、近隣各県の視覚障害者に盲導犬を給付し、盲人福祉に貢献しています。

(財)関西盲導犬協会 関西盲導犬協会は、1980年11月、盲導犬の育成普及を願う市民が集まり発足しました。その後1983年7月には、京都府の許可を受け財団法人を設立。同年8月には国家公安委員会より「盲導犬を訓練し認定する法人」として指定を受けました。1988年3月には、京都府亀岡市に盲導犬総合訓練センターが完成しました。センターには、訓練中の犬が生活する犬舎の他、盲導犬との歩行指導を受けに来られた方やフォローアップのために来られた盲導犬使用者が宿泊できる設備等があります。現在このセンターを拠点として、年間10?12頭前後の盲導犬を育成し、目の不自由な方に歩行指導を実施しています。また、目の不自由な方に対しては、盲導犬との体験歩行の申し込みを随時受け付け、歩行に関する情報提供に努めています

(社福)兵庫盲導犬協会 1990(平成2)年 かねて設立準備を進めてきた兵庫県盲導犬協会は、9月28日に設立総会を開催して高らかに産声を上げました。12月にはパンフレット「みんなの愛で盲導犬を贈ろう」が完成し、盲導犬募金活動がスタートしました。

サーブ支援センター チャリティーグッズの販売を通して盲導犬育成支援に役立つよう努めています。
 

rss